無意味な相場分析の罠(相場分析4分類)

相場ポエム
スポンサーリンク

はじめに

気づいている人には当たり前の話だし、伝わらない人にはどうやっても通じなさそうな話題だが、「無意味な相場分析にはまっていませんか」というテーマで出来るだけ短くまとめてみる。

相場分析4分類

株でも為替でも、相場分析は次の2つの軸で4分割できる。1つ目は「価格への影響力・説明力」で、その要素が価格(プライス・レート)の変動に影響を与えるか否かを区別するものである。2つ目は「注目度」で市場参加者がその要素に気づいているか否かを区別するものである。

言葉だけでは意味が分かりづらいと思うが、これを図にまとめると以下の通り。

価格影響力の有無をA・Bで分類し、注目度の有無を1・2で分類し、それぞれのカテゴリーを簡単にまとめてみる。本記事で主に論じたいのはB2なので、そこまでは飛ばし読みで構わない。

パターンA1(価格影響力有・注目度有)

当然だが、株であれば決算や企業ニュース、為替であれば経済指標や要人発言などが価格に影響力する。

またチャートや板は取引銘柄の本質的価値を表したものではないが、相場参加者の心理に作用することで取引行動に反映されるため、これも価格影響力があると言える。

このカテゴリーは市場参加者が注目している(気づいている)ので「他の市場参加者よりも上手く立ち振る舞う」ことが収益機会を生み出す。「他人の行動を先読み出来れば儲かる」と言い換えても良い。群衆行動を上手く読めれば、継続的に一定以上の確率で勝てる可能性がある。

なお、株の場合は他人の行動を操作するような行為(見せ玉・仮装売買など)は「価格操縦」ということになり違法行為となるが、それはここに分類されるだろう。

パターンA2(価格影響力有・注目度無)

パターンA2は他の市場参加者が発見していないという点がA1と異なる。一番わかり易いのはインサイダー情報だが、これを使って取引すれば違法行為になる。

他にも周りが気づいていないアノマリーや市場メカニズム(例えば市場間アービトラージ)などもここに含めて良いかも知れない。

このカテゴリーの収益機会は「他人が発見する前の情報で取引する」ということになる。他の市場参加者が発見すれば収益機会は失われる。

A1・A2に関して、上手くやれば期待収益がプラスになるというのは殆どの人が納得するはず。A1とA2のどちらに分類するのか微妙なものもあるかもしれないが、細かい分類は本記事の狙いではない。

パターンB1 (価格影響力無・注目度有)

これは平たく言うと「多くの人が見ているけど実は意味がないもの」ということになる。

市場参加者が注目するが、実際には価格には影響しないものがこのカテゴリーに入る。例えばROEのような有名な指標でも、将来の株価を予測する力はなかったという研究論文は複数存在する。もしこれらの論文が正しければ、ROEで銘柄選別することに優位性はないということになる。(この記事自体にROEを否定する意図はない。)

あるいは、新型コロナの影響が著しかった2020年は、経済指標に為替相場が反応する度合いが弱まったという印象がある。逐次発表される各国の感染防止策や経済政策が相場に与える影響が大きく、従来の経済指標のインパクトが薄れたのが原因の一つかも知れない。

多くの人が見ているというだけで何らかの意味を持ってしまうので、厳密な意味でここに分類されるものは殆どないと思われるが、一つのカテゴリとして分類しておく。

パターンB2 (価格影響力無・注目度無)

この記事を書いた狙いはここにある。

例えば、隣の家に住むオッサンの朝飯に着目し、ご飯を食べたら日経平均が上がる、パンを食べたら下がると予想してその関係を記録したとしよう。結果はランダムだが、時には5日連続で的中することもあるだろう。

しかし、何日連続で当たろうが「隣のオッサンの朝飯」が日経平均を予測する上で役に立つと本気で考える人はいない。明らかに無関係だからだ。この研究に長い時間を費やそうとする人はいないだろう。

ところが、ちょっとそれっぽいネタになってくるとこのカテゴリの罠に嵌る可能性が出てくる。チャートに線を引くにしても、自分以外に誰も見ていない線だったとしたら、それには一体何の意味があるのか。

「隣のオッサンの朝飯」が的中する確率は50%だが、適当に引いた線も50%は当たる。何かの偶然で5連続で当たってしまった場合、適当に引いた線に何か意味があると思いこんでしまう可能性があるのが厄介だ

50%で当たる線と50%で当たるインジケーターを組み合わせて分析すると、本当に何も意味のない作業を延々と繰り返すことになる。何かありそうに勘違いさせる時があるが、どれだけ掘り下げても何も見つからない。

B1と大きく異なるのは「市場が注目していない」という点だ。市場心理への働きかけが無いので、群衆行動を説明するモノサシとしての機能は期待出来ない。

セミナー講師などで、こういう線の引き方をわざわざ初心者に紹介する人がいる。ここで具体的な名前を出すことはできないが、その分析法がこのカテゴリに入っていると思った場合は直ぐに見切りをつけたほうが良いだろう。

終わりに

少なくとも相場参加者の多くが注目しているなら、市場がそれに反応して動く可能性はある。だが、殆ど誰も使っていないものは注意が必要だ。

「これは意味がない」と断言するのは中々難しい。本人がそれを使って勝っているというなら、それ以上何も言うことは無い。しかし、無意味なことに気づいたら早目に方針転換した方が良いだろう。

コメント

当ブログのコンテンツが気に入ったら広告ブロックの解除(ホワイトリスト化)をご検討下さい。

Please disable your adblocker or whitelist this site!

タイトルとURLをコピーしました